Top >  メタボリックシンドローム予防と解消 >  メタボリックシンドロームの高血圧治療

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームの高血圧治療

メタボリックシンドロームの場合、高血圧治療の目標値としては、

若年・中年者:130/85mmHg未満
高齢者の場合:やや高めの140/90mmHg

を目標とされています。

※高齢者はすでに動脈硬化がある程度進行しており、血圧を下げることで臓器の血流不足が起きる心配もあるため。
高血圧によって臓器の障害が進行しやすい状態なので、糖尿病や腎臓病の患者さんには、より低めの130/80mmHgが目標となります。

食塩の摂取量としては、日本人は、塩辛いものが好きで、1日あたりの食塩摂取量は、平均で11~12gあります。
高血圧の人は1日の食塩摂取量を6g未満に抑えることが目標です。

実際調味料として使えるのは4gですが、なかなかそこまでは減塩できませんので、当初は8~10gを目標にして、少しずつ減らしましょう。

また、体重関係では、ヘソ周りがメタボリックシンドロームの値にある人はウエストサイズのダイエットが必要です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドロームと高脂血症と高血圧  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドロームと糖尿病  > 

         

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「メタボリック対策とダイエット」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。