Top >  メタボリックシンドローム予防と解消 >  メタボリックシンドロームと高脂血症その3

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと高脂血症その3

メタボリックシンドロームである場合は、コレステロール値が高くなくても動脈硬化の進行が早くなります。

メタボリックシンドロームを、積極的に治さなければならない理由として、近年、日本人は食事が欧米化してコレステロール値が高くなってきたことがあります。

コレステロールを低く抑えるためには、脂肪分の多い食事を控え、食事の量を減らす。
要はエネルギーが余るほどの食事をとらないようにすることが必要なのです。

また、運動でカロリーを消費し、脂肪細胞に蓄えられない状態にしなければなりません。
またほかにも中性脂肪を高める原因として、アルコールや甘い食べ物があります。
お酒やお菓子の食べすぎ、運動不足は高中性脂肪血症を招くのです。

食習慣の改善、動習慣を身に付けることが治療のポイントですが、その療養をしばらく続けても、数値が改善しない場合は、薬での治療が施されます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドロームと高脂血症その2  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドロームと高脂血症と高血圧  > 

         

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「メタボリック対策とダイエット」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。