Top >  メタボリックシンドローム予防と解消 >  メタボリックシンドロームと血圧のコントロール

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと血圧のコントロール

メタボリックシンドロームと診断された場合、血圧のコントロールが大切になります。
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪が原因でおこる高血圧や糖尿病など、複数の生活習慣病が併発している状態を指します。

またその中でも動脈硬化は、複数の病気が重なると、1つ1つの病状は軽くても早く進行してしまうのです。

そして、メタボリックシンドロームの診断基準に該当する人は、高血圧である人の割合が非常に多いとされています。そのため、メタボリックシンドロームと診断された人は、血圧のチェックとコントロールに一番気をつけなければならないのです。


高血圧を改善する3つの方法があります。
1.ストレスの解消
2.肥満の解消(内臓脂肪)
3.減塩
上記のような生活パターンを改善しても、まだ血圧が高い場合は、薬による血圧コントロールが必要となります。

「年とともに血圧があがるのは仕方がない事で、かえって血圧を下げると脳の血流が減ってよくない。」
と言われたことがありましたが、世界的医学的調査結果で、血圧を正常に保っているほど長く健康でいられることが証明されています。



スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドロームと内臓脂肪  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドロームと肥満症の違い  > 

         

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「メタボリック対策とダイエット」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。