Top >  メタボリックシンドローム予防と解消 >  メタボリックシンドロームの治療方法2

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームの治療方法2

メタボリックシンドロームと診断されるのは、ウエスト周りからです。
ウエストサイズが、男性では85cm以上、女性では90cm以上だとメタボリックシンドロームと診断されていまいます。
まずは、ウエストサイズを5cm減らすことから始めましょう。
そうするだけで、血糖値や血圧などが目に見えて安定してきます。

また脂肪細胞から分泌されるいくつかの生理活性物質は、
血管を痛める元凶とされています。これは、高血圧を招きます。
高血圧とは、血管の中を血液が流れる時、強い圧力がかかっている状態を指します。
血管は若いときは柔らかく伸縮性があるのですが、年とともに、硬くなりコレストロールなどがたまって血管が狭くなったりしています。これは、脳梗塞、心筋梗塞など恐ろしい病気の引き金にもなります。

メタボリックシンドロームの元である肥満、その中でもウェストを少し減らすだけで
恐ろしい病気の引き金である高血圧も改善できるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドロームの治療方法1  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドローム+高血圧=血管の老化  > 

         

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「メタボリック対策とダイエット」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。