Top >  メタボリックとダイエット >  メタボリックシンドロームと肥満

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと肥満

メタボリックシンドロームは周知のように、肥満と関係しています。
メタボリックシンドローム=肥満と言い換えても良いでしょう。
生活習慣病である、糖尿病、高血圧、通風などは、血管の老化を早めます。

実際の年齢以上に血管が硬く老化させてしまうこれらの病気は、
もっと恐ろしい心筋梗塞や脳梗塞などの病気に進行しやすくなります。

肥満は病気の温床であるといっても過言ではないのです。
しかし太っていなくても、糖尿病や高血圧、通風の人がいるのです。
なぜなら、肥満には2種類あるのです。

それは、内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満と呼ばれています。
中でも生活習慣病と関係のあるのは内臓脂肪型肥満です。
これは、外見からは太っているようには見えなくて、おなかの中の内臓のまわりに脂肪が
たまっているため分からない場合が多々あります。
この隠れ肥満こそ、メタボリックシンドロームの元凶なのです。

ウエストサイズが、男性では85cm以上、女性では90cm以上だとメタボリックシンドロームと診断されるのは、内臓脂肪が沢山たまっているか推定するためです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドローム撲滅提案 生活改善2  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドロームと肥満2  > 

         

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「メタボリック対策とダイエット」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。