Top >  メタボリックとダイエット >  メタボリックシンドロームと肥満2

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと肥満2

メタボリックシンドロームの元凶である肥満は、いわずと知れた脂肪がたまっているためになる症状です。特に内臓周りにつく脂肪が多い場合、メタボリックシンドロームと診断される理由となります。

さて、その脂肪は単に「エネルギーの貯蔵をする」というからだの機能であると、今までは考えられてきました。しかし近年になって、溜まってきた脂肪細胞から分泌されるいくつかの生理活性物質は、体の様々な機能に影響を及ぼしていることが解明されてきたのです。

そのなかの物質のひとつに、アディボサイトカインという物質があります。
脂肪が多くたまりすぎてくると、サイトカインの分泌に異常が現れてしまいます。
するとその影響で、血圧が高くなったり、血糖値が高くなったり、中性脂肪が高くなったりしやすくなる現象がみられることがわかってきたのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドロームと肥満  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドロームと肥満3  > 

         

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「メタボリック対策とダイエット」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。