Top >  メタボリックシンドロームとは? >  メタボリックシンドロームと糖尿病

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと糖尿病

メタボリックシンドロームとも深い関わりがある糖尿病は、
血糖値が高く「尿に糖が出る病気」と思われていますが、
「尿に糖が出ていなければ糖尿病ではない」とは言えないのです。

糖尿病は、血液中の成分バランスが崩れることで血糖値が上がってしまう病気です。
血液中の血糖値が増えると内臓に深く影響を与え様々な合併症を引き起こします。
血液中の血糖値は、血液の中のブドウ糖の割合で測ることができますが、血糖が増えても自覚症状はまずありません。

メタボリックシンドロームの人は、糖尿病と診断されたことがなくても血糖値が高い人が多く、突然、心筋梗塞や脳梗塞で倒れてしまうという糖尿病と同じリスクがあります。
糖尿病は、高血圧や高脂血症といったメタボリックシンドロームと関係の深い生活習慣病を併発させる可能性が高いことでも知られています。




スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドロームの高血圧治療  |  トップページ

         

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「メタボリック対策とダイエット」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。