Top >  メタボリックシンドロームとは? >  メタボリックシンドロームと高脂血症と高血圧

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと高脂血症と高血圧

メタボリックシンドロームであれば高中性脂肪血症の頻度が高くなります。この改善方法としては、食事や運動が薦められます。

メタボリックシンドロームと関係の深い高血圧の基準は、収縮期血圧が140mmHg以上、または、拡張期血圧が90mmHg以上のことです。

市販の血圧計を用いて家庭内で測定する場合は数値が少し変わり、
収縮期血圧135mmHg以上、または、拡張期血圧が85mmHg以上となります。

これは、家庭で測ると、精神的な緊張がないことなどから医療機関で測定するときよりも通常は低い値になるとされるためなのです。

ところが、メタボリックシンドロームと診断された場合はこれよりも、厳しく判定します。
メタボリッシンドロームの診断基準の130/85以上で高血圧とみなします。

なぜなら、メタボリックシンドロームの場合、狭心症や心筋梗塞の発症率は、メタボリックシンドロームでない人に比べ非常に高くなるためです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドロームと高脂血症その3  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドロームの高血圧治療  > 

         

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「メタボリック対策とダイエット」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。