Top >  メタボリックシンドロームとは? >  メタボリックシンドロームと高コレステロール血症

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと高コレステロール血症

メタボリックシンドロームと高コレステロールが重なることで、内臓脂肪の中性脂肪が悪影響を及ぼしてしまいます。

コレステロールは肝臓で作られ、通常ではホルモンの原料となりますが、この量が多くなりすぎた場合、高コレステロール血症と呼ばれる病気になります。
判定基準は高中性脂肪症の場合とは少し違い、善玉コレステロールと悪玉コレステロールをあわせた全てのコレステロール値が高くなっていると高コレステロール血症とされます。

もっとも、善玉コレステロールの数が一定数以上あれば、高中性脂肪血症より合併症の危険は低いとされています。

しかし、遺伝や先天性の要因が関係している場合であれば、高コレステロール血症を気遣いますが、
メタボリックシンドロームである人は自覚症状がないため、あまり高コレステロール血症には気がつかない場合が多いのです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドロームと高脂血症  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドロームと高脂血症その2  > 

         

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「メタボリック対策とダイエット」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。