Top >  メタボリックシンドロームとは? >  メタボリックシンドロームと高脂血症

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと高脂血症

メタボリックシンドロームとも大変関わりがある高脂血症は、血液の中に脂が沢山ある病気です。重なってしまった場合、生活習慣病や成人病の引き金にもなることのある症状です。

高脂血症は二つのタイプがあります。
メタボリックシンドロームと関係があり、危ない状態になる可能性があるのが「高中性脂肪症」といわれるものです。
これは、血液中の中性脂肪が特に多い状態になっている高中性脂肪血症です。
高中性脂肪血症は、分解されると悪玉コレステロールの割合が多く、善玉コレステロールの数は少ないのです。また、肝臓などの臓器に吸収されやすく悪影響を及ぼすのです。

メタボリックシンドロームで高中性脂肪血症である場合、内臓脂肪にも中性脂肪が溜まっている状態にであるため、動脈硬化が促進されるだけでなく脂肪間などの合併症を引き起こす危険がかなり高くなってしまいます

スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドロームと肥満症の違い その3  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドロームと高コレステロール血症  > 

         

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「メタボリック対策とダイエット」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。